Cartier (カルティエ) から SIHH 2016 最新モデル、「ドライブ ドゥ カルティエ」が誕生

John Balsom © Cartier

Cartier (カルティエ) から最新メンズウォッチ「ドライブ ドゥ カルティエ」が発表された。世界最大の時計、宝飾品の見本市のひとつ、SIHH (Salon International de la Haute Horlogerie Genève、通称ジュネーブサロン) にて本年度発表された「ドライブ ドゥ カルティエ」。イメージするのは、本能のままに人生を楽しみ、自立心が強く、エレガントな「自由気ままに自身の人生をドライブする」男性だ。

ラウンドスクエアフォルムのケースがクラシカルな「ドライブ ドゥ カルティエ」のバリエーションは、ピンクゴールドとスティールの2種類。ブラック、グレー、そしてホワイトで展開されるギョシェ彫りのダイヤルには、ローマ数字と剣型針が配されており、クラシックな中に洗練されたモダニティを感じ取ることが出来る。

裏を返すと姿を表すシースルーケースバック、そこに顔を覗かせるのは、Cartier のマニュファクチュールで一貫製造されたムーブメントたちだ。2010年につくられたキャリバー1904 MC2014年に製造されたキャリバー 1904-FU MC、そしてオートオルロジュリーモデルに搭載されたメカニカル ムーブメント9452 MC。中でも「ドライブ ドゥ カルティエ フライング トゥールビヨン ウォッチ」に搭載されたメカニカル ムーブメント9452 MCは、最高級の機械式時計の証である「Poinçon de Genève (ジュネーヴシール)」のお墨付き。確固たるスタイルを持ち、本能で生き、自立心が強く、そしてエレガント。現代社会を巧みにドリフトする男性に Cartier が送る、メンズウォッチの決定版の誕生だ。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/59521

アナログな外見にハイテクな機能、Emporio Armani (エンポリオ アルマーニ) から初の “ハイブリッド スマートウォッチ” がローンチ

Emporio Armani (エンポリオ アルマーニ) から初となるスマートウォッチがデビューする。115日より国内でローンチするエンポリオ アルマーニ コネクテッドから「ハイブリッド スマートウォッチ」が5種類発売になった。昨今ますます勢いを見せるウェアラブルデバイスの中でも、今回 Emporio Armani が打ち出したのは、クラシックなスタイルにテクノロジーを融合させたハイブリッド スマートウォッチ。既存のタイムピースコレクション同様、ステンレス・スティールやローズ・ゴールド、ガンメタルで仕上げられたスリークなラウンドフェイスは、BLUETOOTH® 経由でスマートフォンと連動することで「セカンド・タイム・ゾーン」表示の時計や電話やメッセージの通知、ポータブルオーディオ、アラーム、紛失したデバイスの捜索アプリ、そしてワイヤレスでコントロール出来るスマートフォンのシャッターなど様々な機能へと変身を遂げる。

「今日、テクノロジーは私たちの日常に圧倒的な影響を与えています。あらゆるアプリが存在し、多くの場合、それらは実際に私たちの生活を向上させる発明となっています。ハイブリッド スマートウオッチを世に送り出すという事は、Emporio Armani が常に、技術革新の第一線にいるブランドとして存在していることを示すものです。この時計はスタイルの追求、高度な技術コンテンツ、即時性、使い易さを兼ね備えています」と語るのは Giorgio Armani (ジョルジオ・アルマーニ) 氏。スマートウォッチは気になるけど、あの色気の無いデザインには抵抗がというワガママな人にこそオススメしたい、ファッションコンシャスなウェアラブルガジェットの誕生だ。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/business/business-tech/8532

スイスの高級腕時計ブランド、OMEGA (オメガ) よりニューモデル「デ・ヴィル プレステージ デュードロップ」が発売された。

スイスの高級腕時計ブランド、OMEGA (オメガ) よりニューモデル「デ・ヴィル プレステージ デュードロップ」が発売された。1945年に製作されたオメガミュージアムに所蔵されている貴重なモデルをインスピレーションに、繊細な宝飾品と緻密な時計の製造技術の融合によって他と一線を画すエレガントなタイムピースが実現した。

1945年の18KRGドロップチェーン ブレスレット モデル。

1945年の18KRGドロップチェーン ブレスレット モデル。

OMEGA の中でも最も人気のあるコレクションのひとつである「デ・ヴィル プレステージ」コレクションは、時代を超えたスタイリッシュなデザインと洗練されたクラシックなスタイルが特徴。

今回、ブランドのエレガントなファインジュエリー「デュードロップ」コレクションを組み合わせた本シリーズが、この不朽の名作コレクションに仲間入りした。ジュエリー感覚でつけることができるブレスレットモデルは、18Kレッドゴールドまたは18Kイエローゴールド製のしずく (デュードロップ) 型ビーズが連なり、華やかで優雅な装いに。ダイアルには、魅惑的な金色の蝶のデザインとプレーンなマザーオブパールの2種類が登場。どちらもダイヤモンドが敷き詰められたベゼルが華を添える。オメガのレディスモデルで最も華奢な幅12mmのアリゲーターストラップを採用したレザーストラップモデルは、ホワイト、ブラック、レッド、グレージュの4色で展開。ケースの上下には、1粒ずつデュードロップモチーフのアタッチメントが輝く。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-news-event/49778

OMEGA (オメガ) が挑む世界最高峰の精度、新たな品質基準マスター クロノメーターを搭載したモデルが登場

世界に数ある時計メーカーの中でも、OMEGA (オメガ) ほどムーブメントにおける革新性を体現するブランドはそう無い。そのスピリットを表すのが、1999年に技術士の George Daniels。世界に数ある時計メーカーの中でも、OMEGA (オメガ) ほどムーブメントにおける革新性を体現するブランドはそう無い。そのスピリットを表すのが、1999年に技術士の George Daniels (ジョージ・ダニエルズ) によって開発された複雑機構「コーアクシャル・エスケープメント」であり、その後2000年代に発表された「シリコン製ヒゲゼンマイ」だ。

1952年に発表された「コンステレーション」初期モデル | © OMEGA

1952年に発表された「コンステレーション」初期モデル | © OMEGA

そして今回、その歴史をまたしても塗り替える新たなエポックメイキングとなる最新の機械式ムーブメントが誕生した。15,000ガウスという強い磁気にも耐え得る耐磁性を実現したこの新機構では、メトロの自動改札やスマートフォン、そしてバッグの金具に至るまで、生活の至るところに取り入れられた磁気を受けてなお影響されない精度を実現している。

その優れた性能を証明するのは、スイス連邦計量・認定局 (Swiss Federal Institute of Metrology、通称 METAS) による時計業界の新たな品質基準、「マスター クロノメーター」。既存のクロノメーターの基準に加え、以下の8つの新基準を満たしたモデルのみに認定される「マスター クロノメーター」は、まさに OMEGA が誇る世界最高峰の開発技術を示している。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/59974

19mm のウォッチケースに広がる無限の可能性、Chanel (シャネル) から新作タイムピース「J12-XS」が誕生

「J12-XS」ウォッチ、19mm ブラック ハイテク セラミック × 18K WG 、カーフクオーツムーブメント、オニキスダイヤル、バゲットカットダイヤモンド ¥12,425,000 ※世界1点限定

Chanel (シャネル) の人気ウォッチコレクション「J12」にあらたなエピソードが書き加えられた。それも、この上なくエレガントで、驚くべきアイデアに満ち溢れたストーリーだ。

「J12-XS」ウォッチ、19mm ブラック ハイテク セラミック × SS ケース、カーフクオーツムーブメント、ダイヤモンド ¥ 585,000

新作タイムピースコレクション「J12-XS」。その名の通り、これまでの41、38、33、29mm というサイズ展開に比べ小振りな 19mm のウォッチケースを取り入れたコレクションだが、「XS」という名前には同時に「極端 (Excessive)」という意味も込められている。

リュクスなジュエリーウォッチ…に見せかけて、ブラックレザーのフィンガーレスグローブ、の留め具になったユニークなデザインのモデル。その他にも、「J12-XS」ではカフブレスレットと一体型かつ取り外し可能なデザインや、リングの形をしたものなど、意表をつくユニークなデザインのモデルが多数ラインナップ。極め付けはメゾンの DNA であるオートクチュールとジュエリーウォッチ、そしてファッションアクセサリーが三位一体となったユニークピースだ。言わずと知れた刺繍工房 Lesage (ルサージュ) による流麗なビーズやスパンコール刺繍が唯一無二の輝きを放つ作品たちからは、ヘリテージを現代へと継承しながらも、しなやかかつ大胆に常識を打ち破る Chanel のスピリットがまざまざと感じ取れる。

アイコニックなデザインで親しまれてきた “顔” を、予想だにしないユーモアとクリエイティビティでリミックスした「J12-XS」。ベーシックに飽き飽きしたモード玄人にこそ相応しい、“極端な” ニューフェイスの誕生だ。

新作シャネルウォッコピー登場

S級コピーのブランドからクロノグラフの新作が登場し、まさに百花繚乱といった趣が、年々強くなるシャネル 腕時計 コピーの世界。2016年のシャネル でも、その流れは堅調だった。ムーブメント供給が危ぶまれた、いわゆる2010年問題を契機として起こった自社クロノグラフムーブメントの開発競争には一息ついた感はあるが、外装も含めたレベルアップは継続中だ。

デイトナにブラックベゼルが帰ってきた。ついにという感慨がある。かつてブラックのプレキシガラス製ベゼルを装備したデイトナのステンレススチールモデルは、1960年代半ばに登場し、長きにわたってメタルベゼルモデルと並行して製造されていた。それが、1988年に登場したRef.16520以降、メタルベゼルに一本化されラインナップから姿を消していた。シャネル 腕時計 コピーデイトナ誕生40周年の2016年、チェスナットブラウンのセラクロム ベゼルが装備されたブランドコピーのプラチナケースモデルが登場。以来、ステンレススチールモデルでもブラックベゼル仕様の復活が強く待ち望まれてきた。

2016年のシャネル 腕時計 コピー で発表された偽物のコスモグラフ デイトナは、現代的なクロノグラフフェイスに、かつてのプレキシガラス製ベゼルを想起させるブラックのセラクロム ベゼルを装備し、ひときわ精悍さが引き出された。セラミック製のリングにタキメーターのスケールと数字を彫り、表面全体をプラチナでコート。表面のプラチナは削り落とし、数字やスケールの溝にのみプラチナを残すという手の込んだ手法で製造されたベゼルは、艶感が美しく、視認性に優れている。文字盤は、2つのバリエーションがあり、アクティブなブラックラッカーダイヤル、シックなホワイトラッカーダイヤルのセラクロム ベゼルモデルが用意される。いずれもデイトナの新しい時代を開くデザインとして、好評を呼びそうだ。

ロレックス新作「サブマリーナー デイト」

1969年にはデイト付きのロレックスコピーモデル「オイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト」を発表するが、オリジナルがノンデイトだったことから今も根強い人気を誇るモデルである。

2016年はこのロレックス スーパーコピーノンデイトモデルに、セラクロムベゼルを装備した新モデルを発表。仕様は2008年より着手された「サブマリーナー デイト」に準じた改良が成されている。主な改良点だが、まず新しくデザインされた40mm径のケースは、海水・硫酸・塩酸等によって発生する腐食に強い耐性を持つ904Lステンレススティールを採用。リューズはねじ込み式トリプロック、また逆回転防止ベゼルには耐傷性・褪色性・耐蝕性に優れるセラクロム(セラミック素材)を採用し、インデックスと時分針は長時間発光のクロマライト、さらにブレスレットには2mm単位で最大20mmまでの延長を可能にしたグライドロックを採用している。一方のムーブメントは、磁気の影響を受けにくく、耐衝撃性に優れるパラクロム・ヘアスプリングを搭載した自社開発・製造のCal.3130。内装・外装ともに最強のスペックを誇るダイバーズである。

「サブマリーナー デイト」に続きノンデイトのサブマリーナーのリニューアルが完了したことにより、ロレックス コピー 激安のプロフェッショナルモデルの一角を占める重要なピースの改良が完成したことになる。

ルイヴィトン腕時計激安コピー

世界一のブランドといってもいい「ルイ・ヴィトン」はトランクを専門に店として誕生しました。大人気ルイヴィトン「エスカル オトマティックタイムゾーン」ルイヴィトン 時計 コピーです。当時、馬車旅行だった為トランクの蓋が丸みを帯びた形をしていました。

時代の先を見ることにたけていたルイ・ヴィトンは、交通機関の発達に注目し、これからは船や機関車での移動が増えると読みそれまでの「蓋の丸いトランク」から、室内で積み上げることができる「平らなトランク」を考え出したのです。当時の一般的なトランクに比べ、ルイヴィトン腕時計のトランクは軽くて丈夫。さらには、トレーや仕切りまで設置され、使いやすさをとことん追求したものだったのです。こうして「ルイ・ヴィトンのトランク」が誕生すると、当時のセレブたちの間で一躍評判になったのです。

今やバック、財布、アクセサリー、腕時計とアイテムの幅を広げ、モード界におけるトップの座を不動のものにした超有名ブランドです。時計製造アトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」で開発された、24ヶ国のタイムゾーンを表示する機能を搭載しています。非常に薄くエレガントなケースと貴重なムーブメントを使用した逸品です。ルイヴィトン「エスカル オトマティックタイムゾーン」ルイヴィトンコピー時計は、ルイ・ヴィトン トランクから着想を得たユニークでカラフルなデザインのタイムピース「エスカル タイムゾーン」。大変希少モデルの為、今すぐに確保すべきレアアイテムです。

 

 

限定ブレゲ 時計コピー100ピース

コピーブレゲ(Breguet)はバーゼルワールド2016において、世界最薄ムーブメントを誇る「REINE DE NAPLES」と、クレジット支払い機能実現への一歩となるマスターカードとのパートナーシップ締結を発表した。限定ブレゲコピー時計100ピースのリミテッドエディションである「REINE DE NAPLES」は、2015年に発表された世界最薄ムーブメントの「REINE DE NAPLES」に続くモデル。

究極の薄さ、繊細なブレゲ偽物™時計メイキングの伝統はそのままに、複雑なブレゲコッピ―激安コピー時計機構とクラシックなコンプリケーションを組み合わせている。チタン製のケースは極めて軽量で、最良の音の広がりをもたらす。同じくチタン製のダイアルには、インデックスと6時位置のスモールセコンドにカットアウトデザインがあしらわれた。開口部がケース内の音の響きを増幅し、音響効果を最適化している。
さらに、2016年に発表された「ディアゴノ@マグネシウム コンセプト 時計」は、今回マスターカードとパートナーシップを締結することでクレジットカード支払い機能に可能性をもたらし、商品化に向けて新たな一歩を踏み出した。

彩り豊かなルイヴィトン 偽物時計がリリース

2018年ジュネーブの新工房「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」の代表的モデルといえば、ルイヴィトン 偽物「エスカル ワールドタイム」だった。繊細な職人の手仕事による色彩豊かな文字盤、すべての表示をディスクでおこなう斬新なワールドタイム機能で話題となった。

今年はさらに、究極の複雑機構であるミニッツリピーターがあらたに搭載された。ゴングと呼ばれる鐘によってホームタイムの現在時刻を知らせてくれる。文字盤でローカルの都市名を追いながら、耳でホームの時間を楽しむ魅力的な機能となる。「旅」をテーマに掲げるルイ・ヴィトンらしい複雑時計であり、時計製造の実力も知らしめる傑作である。2018年にルイヴィトン コピー時計ファンの話題をさらった時計のエッセンスが、リーズナブルな価格で提供される。高額で手の届かなかったファンには朗報といえる。機械式時計のビギナーにもおすすめしたいモデルだ。

昨年のエスカル ワールドタイムと新作のエスカル タイムゾーンのちがいは、38色使われていた塗料が7色とされ、手仕事による彩色はスタンプによる転写となったことなど。この文字盤は、幾重か重ねることで、塗料に厚みを出し、高い質感を実現。ケースは実用本位のステンレススチール製を採用。現地時刻を針で表示するワールドタイマーとなった。

このルイヴィトン コピー高いクオリティのワールドタイマーがアンダー100万円だとは、信じがたいハイコストパフォーマンス。この時計には、ウォッチメーカーとしてのルイ・ヴィトンの高い実力が表れている。