旅に欠かせないルイヴィトン偽物腕時計スーパーコピー

昨年発表されたエスカルにミニッツリピーターを搭載したコンプリケーションモデル、ルイ・ヴィトンというトータルブランドに親しみを持つレディスモデルまで、今年は幅広い価格層でルイ・ヴィトン偽物の新作が発表された。特に今年はリーズナブルで戦略的なモデルが目立ち、幅広い客層を切り開きたいというメゾンの思いが表れている。これらの新作の中で特に印象の強いモデルを、いち早くレポートする。


ルイ・ヴィトンの2018年のラインナップの幅は、非常に広い。メンズも、レディスも、コンプリケーションからエントリーモデルにいたるまで多彩に展開している。その象徴とも言えるラインナップが、昨年のバーゼルワールドで登場し、注目を集めた「エスカル」の新作コレクションだ。

今年は、従来のワールドタイム機能はそのままに、ミニッツリピーター搭載機やアンダー90万円を実現した「エスカル」が用意された。元より多くのファンを持つルイ・ヴィトンの時計を、さらに幅広い層に広めたいという攻めの姿勢が、ジュネーブにおける新工房の設立と重ねて見て取れ、意欲的なラインナップとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です