2018春夏最新モデルルイヴィトンコピー高級時計が登場

レマン湖を下に見るジュネーブ市郊外の高台にあるLOUIS VUITTON ルイ ヴィトンの本拠ウォッチランド。毎年、LOUIS VUITTON ルイ ヴィトンを含むグループ全体で、独自の新作発表会LVIIを開催している。今年の注目は、やはり日本で大きな人気を呼んでいるスーパーコピー商品の「Tambour Monogram Infini」だ。

加速する総合的ラグジュアリーブランドへの進化
LOUIS VUITTON ルイ ヴィトンで驚かされたのは、その活動の範囲が、もはや腕時計に留まらないラグジュアリーブランドを志向していることだ。「LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン フューチャー フォーム」と題してホームウェアやインテリアに、さらに「LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン ウエディング」のようなブライダルのコーディネートにと、その事業は拡大の方向にむかっている。特に「LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン フューチャー フォーム」は和のテイストを志向した食卓をテーマに、日本の有田焼や清水焼絵付けによる芸術的な和食器をリリースしていた。随所にビザン数字をあしらった皿に茶碗、盆に箸という具合に、LOUIS VUITTON ルイ ヴィトンらしさを織り込みながら、非常に完成度の高いテーブルウェアが、和のテイストで完成されている。総合的なラグジュアリーブランドとして、より本格的に取り組んでいく姿勢がうかがわれ、今後にも注目したい。

そんな中で、時計の方も進境著しい。2016年のLOUIS VUITTON ルイ ヴィトンで最大の売れ筋は、2014年に発表された「Tambour Monogram Infini」のコピーものだった。そのダイナミックなフォルムは、新しい都会的なイメージを時計に吹き込み、トノウケースの新解釈だと大歓迎された。従来レディースの売れ行きがよかったというショップで、メンズの方にシェアが傾いたという声が聞こえるほどの人気ぶりである。その「Tambour Monogram Infini」のラインナップが今年は大きく充実した。メンズでは、新しいスケルトンタイプのトゥールビヨンのほか、ユニークを極めたゴルフモチーフのモデルが登場した。また、レディースも非常に充実しており、特に「Tambour Monogram Infini」と「ロングアイランド」を融合させるというデザイン上の試みには興味を惹きつけられた。これらについて詳しく伝えるとともに、メンズのベーシックモデルとして不動の定番となっている「カサブランカ」に新しくムーンフェイズモデルが登場したので、取り上げたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です