オメガ腕時計「レイルマスター」を復刻、新たなムーブメントでより高い精度にアップデート

オメガ(OMEGA)は、1957年のモデルを復刻した腕時計「レイルマスター」を発売。

「レイルマスター」は、1957年当時は鉄道員など電界の近くで働く人々に向けて作られた、当時より高い耐磁性と精度を誇っていたモデル。今回発売されるモデルは、オリジナルのシンプルで優雅なデザインはそのままに、新たな機械式ムーブメント「コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8806」を搭載することで、性能をアップデート。現代最高水準の耐磁性によって、より高い精度で正確な時刻をキープする。

また、文字盤も一新。ブラッシュ仕上げを施し、埋め込み型インデックスには夜光塗料のヴィンテージ スーパールミノヴァを使用。さらに、線路を思わせるミニッツトラックや、オメガの精度を象徴する“十字”、ナイアードロックで固定されたシーホースのメダリオンが刻印されたケースバックなど、ディテールにもこだわりが光る。

 

グレーダイアルのタイプは一体化型ステンレススティール製ブレスレットか、ブラウンのレザーNATOストラップ、ブラックダイアルのモデルは、ステンレススティール製ブレスレットもしくは、ブラックのテキスタイルストラップから選択可能だ。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/38299

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です