エルメスの新時計「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」待ち焦がれる時間を楽しむ時計

エルメス(HERMÈS)は、メンズ向け機械式時計「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」を2017年夏より発売する。

エルメスの時計は、”時間はオブジェのひとつ”という考えのもと生まれている。職人の手仕事によって生み出されてきたウォッチの数々は、実用性・機能性といった時計に求める要素はもちろん、身に着ける者にしかわからない驚きに満ちている。

新作の「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」もやはり、このエルメスの哲学に基づき製作された。ポイントとなるのは、待ち遠しい時間を可視化することだ。

時間設定をすると、予定時刻の1時間前から文字盤6時の位置に配された”機械仕掛けの砂時計”が動き出す。わずか厚さ2.2ミリのモジュールの中に収められたこの砂時計が少しずつ針を進め、やがてチャイム音とともに時の到来を知らせる。この音色は、ビロードのように滑らかな余韻を残しつつも、控えめに設定されているため、身につけた者にしか聞こえないような音である。時計とその持ち主だけに訪れる、優雅なひと時となる。

「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」を手掛けたのは、エルメスの時計開発部門クリエイティブディレクター、フィリップ・デロタル。製作の根底にあるのは≪待ち遠しい時間≫というコンセプトだ。待ち遠しさをいっそう高めるアラームの仕掛け、チャイム音の振動に共鳴する厚さ1ミリの文字盤、空気の流動性を最大限に高めたケース…と、すべてのディテールにエルメスの哲学を落とし込み、持ち手のパートナーとなる上質な時計を作り出している。

from https://www.fashion-press.net/news/30956

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です