アニメ「ワンピース」×スイス時計ブランド「テンデンス」“光る”腕時計、海賊旗や隠しデザインを配して

スイス発時計ブランド「テンデンス(Tendence)」と人気アニメ「ワンピース(ONE PIECE)」のコラボレーションウォッチが2019年9月24日(火)に発売される。


フラッシュ ホワイト(300本限定) 41,000円+税

「テンデンス」と「ワンピース」のコラボレーションは、2018年に次ぐ2回目。アニメ「ワンピース」放映20周年を記念したスペシャルな腕時計を3型用意する。

コラボレーションウォッチのベースとなったのが、「テンデンス」の人気モデル「フラッシュ(FLASH)」。リューズを押すと発光する文字盤が特徴だ。今回は7色の単色およびレインボーに光るLEDライトを搭載した。

フラッシュ ブラック(300本限定) 43,000円+税

メインモチーフとなったのは、“海賊旗”。物語内でもアイコニックな存在であるモチーフは、大き目のフェイスと共に腕元で存在感を放つ。

また、時計に配される「ワンピース」にちなんだ“隠しデザイン”は、わかりやすいものからルーペを使わないと見つけられないほど繊細なものまで様々。ホワイトカラーには8つ、“麦わらの一味”の海賊旗を文字盤にあしらったブラックカラーには3つの“隠しデザイン”を施している。

from https://www.fashion-press.net/news/52213

オメガ「スピードマスター」“月の輝き”が着想、新ゴールドカラーを採用した限定腕時計

オメガ(OMEGA)のアイコンモデルのひとつ「スピードマスター」から、アポロ11号の月面着陸50周年を記念した限定腕時計が登場。2019年夏より展開予定だ。

月面で初めて装着された時計「スピードマスター」

1969年7月21日、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンは、月着陸船イーグル号から降り立ち、異世界に足を踏み入れた。そしてその瞬間と同時に、オメガの「スピードマスター」は月面で装着された最初の時計となった。

それから50年の時を経て、新たな限定モデル「スピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッド エディション」が登場する。

ステンレススティール製モデル

“ムーンシャインゴールド”が輝くベゼルやインデックス

ケースは、ポリッシュ仕上げの18Kムーンシャインゴールドのベゼルを採用。その名の通り月を想わせるこのカラーは、従来のイエローゴールドよりも色合いが淡く、経年による輝きや色の変化への耐性も強い。

また、ニスを施した中央のグレーゾーンとブラックのアウターゾーンからなるダイヤルには、ベゼルと同じ18Kムーンシャインゴールドを採用したインデックス、ベゼル、オメガロゴ、針が淡い輝きを放つ。アポロ11号にちなんで、11時位置には、18Kムーンシャインゴールドで「11」の数字をあしらった。そして9時位置にあしらわれた月面に降り立つバズ・オルドリンの姿もまた目を引く存在だ。

ケースバックの内側には、人類が初めて月面に記した足跡がレーザーエングレービングで施され、ニール・アームストロングが残した伝説の言葉「THAT’S ONE SMALL STEP FOR A MAN, ONE GIANT LEAP FOR MANKIND ― これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」という言葉がレタリングされている。

ムーンシャインゴールド製モデル

18Kムーンシャインゴールドで名盤「スピードマスター BA 145.022」を表現

全体が18Kムーンシャインゴールドに彩られたモデルは、1969年に製造された有名な「スピードマスター BA 145.022」を踏襲するもの。BA 145.022モデルは、1969年から1973年までの間にわずか1,014個しか作られておらず、限定番号3~28はNASAの宇宙飛行士に贈呈された稀少性の高いタイムピースだ。

そんな名盤を再現したのが、今回の限定モデル。オメガのセラゴールド技術によるタキメータースケールが施されたバーガンディのベゼルリングを採用している。第一世代の毎時500単位のスピードマスターのタキメータースケールのほか、90の数字の上にふられたドットもその歴史を想わせるディテールだ。

ケースバックリングには、バーガンディカラーで「1969-2019」と 限定番号、無着色で“MASTER CHRONOMETER ” の文字がエングレーブされた。

マスター クロノメーター業界最高水準の精度をもつキャリバー3861搭載

「スピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッド エディション」2つの限定モデルともに心臓部分となるのは、キャリバー3861。オメガの耐磁性テクノロジーを採用し、マスター クロノメーターとして業界最高水準の精度、計時性能、 耐磁性を実現したキャリバーだ。

from https://www.fashion-press.net/news/50213

ジャケ・ドロー「グラン・セコンド」の新モデル&“蓮の花が咲く”新作腕時計など、銀座では時計展

ジャケ・ドロー(JAQUET DROZ)は、2019年新作時計を2019年6月より順次発売。また、ジャケ・ドロー ブティック銀座で新作時計展を2019年6月18日(火)から6月30日(日)まで開催する。

まるで芸術作品、ジャケ・ドローの2019年新作

ジャケ・ドローは、まるで芸術作品に見紛うほどの緻密なデザインと、長い歴史で培ってきた時計製造のノウハウで、高級時計の愛好家や審美眼の肥えた人々を虜にしてきた。2019年の新作でもそのスピリッツを受け継ぎ、稀少性の高い限定モデルを含む新たなラインナップを展開する。

マジック・ロータス・オートマトン

マジック・ロータス・オートマトン 24,656,400円(税込) ※全2種各世界限定28本
展開予定時期:2019年6月以降
マジック・ロータス・オートマトン 24,656,400円(税込) ※全2種各世界限定28本
展開予定時期:2019年6月以降

新作コレクションの中でももっとも目を引くのが、「マジック・ロータス・オートマトン(Magic Lotus Automaton)」。最高峰の装飾工芸技術によって動植物が表現された、芸術性の高い1本だ。美しい蓮の花と優雅に水の中をおよぐ魚、流れるような動きを見せる水面の様子が立体的かつ精巧に表現されている。

ブランドのアイコン「グラン・セコンド」シリーズ

グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ 2,289,600円(税込)
展開予定時期:2019年10月以降
グラン・セコンド オフセンター クロノグラフ 2,289,600円(税込)
展開予定時期:2019年10月以降

ブランドのアイコンとも言える「グラン・セコンド(Grande Seconde)」からも新モデル&限定モデルを揃えた。

「グラン・セコンド」は、18世紀に制作された懐中時計から着想を得て生まれた、ジャケ・ドローの歴史を今に繋ぐアイコニックな時計だ。12時位置に配置された時分表示インダイアルが6時位置に配置された秒表示インダイアルと重なり合うデザインを特徴としている。

グラン・セコンド デュアルタイム 1,879,200~3,153,600円(税込)
展開予定時期:2019年6月~7月
グラン・セコンド デュアルタイム 1,879,200~3,153,600円(税込)
展開予定時期:2019年6月~7月

新作では、モダンかつエレガントな「グラン・セコンド デュアルタイム(Grande Seconde Dual Time)」や、3つの定番モデルと限定モデルを展開する「グラン・セコンド クロノグラフ(Grande Seconde Chronograph)」などが登場する。

グラン・セコンド クロノグラフ 3,639,600円(税込) ※世界限定88本
展開予定時期:2019年11月
グラン・セコンド クロノグラフ 3,639,600円(税込) ※世界限定88本
展開予定時期:2019年11月

特に「グラン・セコンド クロノグラフ」は、「グラン・セコンド」にこれまで搭載されることのなかった複雑機構の1つ「シングルプッシュボタン クロノグラフ」を備えたムーブメントが採用されている注目モデルだ。

その他、“美”を追求したモデル

プティ・ウール ミニット スマルタ クララ ハミングバード 6,415,200円(税込 ※全2種各世界限定8本
展開予定時期:2019年7月
プティ・ウール ミニット スマルタ クララ ハミングバード 6,415,200円(税込 ※全2種各世界限定8本
展開予定時期:2019年7月

その他女性におすすめしたいモデルとして、マラカイトとマザー オブ パールの2種類を展開する、エレガントな「レディ 8 プティ(Lady 8 Petite)」、そしてハチドリが羽ばたく「プティ・ウール ミニット スマルタ クララ ハミングバード(Petite Heure Minute Smalta Clara Humming Bird)」も登場している。

from https://www.fashion-press.net/news/50279

グッチ「G-タイムレス」新作腕時計、ストロベリー&“4匹の猫”を配したプレイフルなウォッチ

グッチ(GUCCI)は、「G-タイムレス」コレクションから新作腕時計をグッチ ショップ、グッチ ウォッチ取扱店にて発売。


G-タイムレス 112,000円+税

ストロベリー モチーフがポップな表情のウォッチは、アイコニックなGGスプリームキャンバスにプリントを施したモデル。鮮やかなレッドのストロベリーが、ストラップとダイアルにもあしらわれ、遊び心をもたらしている。

さらに、イエローゴールドPVDケース、12時位置に配された「インターロッキング G」が優雅さを演出する。


G-タイムレス ステンレススチール 130,000円+税

パステルカラーがフェミニンな、4つのキャットヘッド モチーフをあしらったウォッチは2型を展開。スカイブルーのモデルにはステンレススチールケース、パステルピンクのモデルにはイエローゴールドPVDケースが配されている。


G-タイムレス イエローゴールドPVD 148,000円+税

それぞれ瞳の色が異なる、愛らしい4匹の猫の顔が浮かぶダイアルは、いずれも上品な光沢感のマザー・オブ・パール製。手元を華やかに彩ってくれる1品だ。

from https://www.fashion-press.net/news/49918

カバン ド ズッカ ウオッチの“ワニ時計”が「CLOCK-DILE」として復活、各600本限定で発売

カバン ド ズッカ ウオッチ(CABANE de ZUCCa WATCH)から、1998年に発売された「SAFARI ZOO」シリーズを象徴する“ワニモデル”が「CLOCK-DILE」として復活。2016年6月10日(金)より全国で各600本の数量限定で発売される。

 
左)カーキ 右)ゴールド
各18,000円+税

「CLOCK-DILE」は”クロコダイル”と”CLOCK”を掛け合わせたネーミングで、その名の通りリアルなワニの形をしたユーモアと遊び心にあふれる造形が特徴だ。ワニの立体的な頭が、緩やかにカーブした尻尾(バンドの剣先)を収めるユニークな遊革になっている。

時計部分にはストップウオッチやワールドタイムなど多機能なデジタルムーブメントを搭載、一体となって繋がるバンド部分は腕に沿うよう改良し、快適な装着感を実現。カラーは1998年の「SAFARI ZOO」ワニモデルを継承したカーキと半透明の白に新色ゴールドを加えた3色が展開される。

また「CLOCK-DILE」の発売を記念し、発売日同日よりCABANE de ZUCCa 南青山店/代官山店、TiCTAC シブヤ・ヘッドショップ/吉祥寺店にてアーカイブ展が開催。20年にわたるアーカイブの代表作品を展示するほか、商品を購入すると先着で20周年記念オリジナルトートバッグがプレゼントされる。

from https://www.fashion-press.net/news/23834

「花×時間」ニコライ バーグマンがデザインする時計 – リベンハムから登場

 

ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン(Nicolai Bergmann Flowers & Design)とスイスの時計ブランドリベンハム(Libenham)のコラボレーションウォッチが登場。2014年11月下旬より、リベンハムギンザ(Libenham GINZA)で販売される予定。

ウォッチはチョコレートコスモス、ヴィンテージローズ、ファレノプシス(胡蝶蘭)の3種類の展開。リベンハムのコンセプトでもある「自然を愛する」という意味とともに、花のもつ自然の美しさを活かした植物のシルエットをデザインに取り入れた。文字盤には、繊細な花弁をちりばめ、時間と花の命の対比がもたらす永遠の美学を表現。男女問わず自然と花を愛する人に身に着けてほしい、という想いが込められている。

from https://www.fashion-press.net/news/12970

エルメスの新時計「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」待ち焦がれる時間を楽しむ時計

エルメス(HERMÈS)は、メンズ向け機械式時計「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」を2017年夏より発売する。

エルメスの時計は、”時間はオブジェのひとつ”という考えのもと生まれている。職人の手仕事によって生み出されてきたウォッチの数々は、実用性・機能性といった時計に求める要素はもちろん、身に着ける者にしかわからない驚きに満ちている。

新作の「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」もやはり、このエルメスの哲学に基づき製作された。ポイントとなるのは、待ち遠しい時間を可視化することだ。

時間設定をすると、予定時刻の1時間前から文字盤6時の位置に配された”機械仕掛けの砂時計”が動き出す。わずか厚さ2.2ミリのモジュールの中に収められたこの砂時計が少しずつ針を進め、やがてチャイム音とともに時の到来を知らせる。この音色は、ビロードのように滑らかな余韻を残しつつも、控えめに設定されているため、身につけた者にしか聞こえないような音である。時計とその持ち主だけに訪れる、優雅なひと時となる。

「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」を手掛けたのは、エルメスの時計開発部門クリエイティブディレクター、フィリップ・デロタル。製作の根底にあるのは≪待ち遠しい時間≫というコンセプトだ。待ち遠しさをいっそう高めるアラームの仕掛け、チャイム音の振動に共鳴する厚さ1ミリの文字盤、空気の流動性を最大限に高めたケース…と、すべてのディテールにエルメスの哲学を落とし込み、持ち手のパートナーとなる上質な時計を作り出している。

from https://www.fashion-press.net/news/30956

パリ発腕時計「ラプス」文字盤に80’sのパリメトロ地図などをデザインした新作モデル

パリ発のウォッチブランド「ラプス(LAPS)」から、60〜80年代の様々なカルチャーをモチーフにした新作コレクションが登場。2019年5月17日(金)より、全国の取扱店舗および公式オンラインストアにて発売される。


「クラウン(Clown)」16,800円+税

60年代に音楽界を席巻したドアーズ、ジミ・ヘンドリックス、ザ・ビートルズらにも大きく影響を与え、ヒッピーのサブカルチャーにも欠かせないサイケデリックなアートに着想を得たのが、「スピーディ(Speedy)」「クラウン(Clown)」「バズ(Buzz)」の3モデル。

「オデオン(Odeon)」16,800円+税

また、80年代にフランス・パリで使用された地下鉄の地図のグラフィックを採用したメトロマップシリーズは、全5モデルがラインナップ。パリの中心部「シャトレ(Chatelet)」、コスモポリタンな街「バルベス(Barbes)」など、モデル名となった駅を文字盤の中心に描いたレトロなデザインとなっている。


「ホロ(Holo)」19,800円+税

そのほか、ブランド初となるホログラムを文字盤に採用した「ホロ(Holo)」、ヨーロッパ中で見かけるケバブ屋のファザードをネオンで表現した「パリスタンブール(Paristanbul))」など、豊富なバリエーションのモデルが用意されている。

from https://www.fashion-press.net/news/49805

G-SHOCK×XLARGEの腕時計「DW-6900」青×黄の鮮やかなコントラストカラー

G-SHOCK(ジーショック)から、XLARGE(エクストララージ)とのコラボレーション腕時計が発売。

ベースモデルとなったのは、数々のコラボレーションに採用されてきた定番モデル「DW-6900」。ボディーは鮮やかなブルー、文字盤やブランドロゴはイエローで染めた、コントラストの効いた力強いカラーリングが魅力だ。

また、ブルーのEDバックライトを点灯させることで浮かび上がるXLARGEのブランドアイコン「OGゴリラ」、文字盤とバンド部分にプリントされたブランドロゴ、裏蓋に施された「OGゴリラ」の刻印など、コラボレーションモデルならではの特別なディテールもポイントとなっている。

from

https://www.fashion-press.net/news/49544

アイスウォッチの新作腕時計「バストーニュ」アイスウォッチ誕生の地にちなんだカモフラ柄

アイスウォッチ(Ice-Watch)は、カモフラ柄の新作腕時計「バストーニュ(Bastogne)」コレクションを2019年4月26日(金)から、全国のアイスウォッチショップ、取扱店などで発売する。

 
ICE-WATCHモデル 11,000円+税

「バストーニュ」コレクションの“バストーニュ”は、ベルギーの南に位置するアイスウォッチ誕生の地。第二次世界大戦終盤の「バストーニュの戦い」で知られ、街の入り口に戦車は戦車が飾られている“バストーニュ”の名を落とし込んだ新作ウォッチには、カモフラ柄が採用されている。

展開モデルは、いずれも10気圧防水仕様の「ICE-WATCHモデル」「iceモデル」の2型。ダイバーズウォッチデザインの「ICE-WATCHモデル」は、ロゴと針にアクセントカラーの蛍光色を使用。グレーのモデルにはイエロー、ブルーのモデルにはオレンジを採用することで、デザイン性だけでなく可視性も向上させている。

 
iceモデル 12,000円+税

シリコンラバーで仕立てたケースとベルトが一体型の「iceモデル」は、ローズゴールドを文字盤や針、ベルトのバックルなど、随所に配した上品なデザインが特徴的。ダイヤルのカモフラ柄とベルト部分の柔らかなカラーが相まって、洗練された雰囲気を演出している。

from https://www.fashion-press.net/news/49264