シャネル人気ウォッチ「ボーイフレンド」にカラーストラップの新モデル

シャネル(CHANEL)の人気ウォッチ「ボーイフレンド」から、カラーストラップの新モデルが2018年夏登場。

 
「ボーイフレンド」18Kベージュゴールド、ダイヤモンド  各2,550,000円+税

「ボーイフレンド」は、シャネルのフェミニンなウォッチ「プルミエール」にマスキュリンな世界観を加えたウォッチ コレクション。2015年のデビュー以来、シンプルなルックスとマスキュリンなスタイルからファンを魅了している人気のコレクションだ。

特徴的なのは八角形のケース。伝説の香水「シャネル N°5(Chanel N°5)」のボトルストッパーとヴァンドーム広場への敬意を示した、アイコニックなフォルムは力強く洗練された印象を与える。

そんな人気ウォッチにこの夏、ピンクやライトブルーなどカラフルなアリゲーターストラップを纏った、新作が仲間入りする。

 
「ボーイフレンド」18Kホワイトゴールド、ダイヤモンド 各2,800,000円+税

ストラップは、高級感漂うアリゲーター。マットな質感のアリゲーターストラップをヌード、ピンク、ライトブルー、ブルージーンとカラフルな4色に染め上げた。

ダイヤルは、スモール、ミディアム、ラージの3サイズが揃い、いずれのサイズにも4色のストラップが展開される。ケースは、ベージュゴールドとホワイトゴールドの2色がラインナップし、それぞれダイヤモンドありバージョンとなしのバージョンを揃えた。

新作の「ボーイフレンド」は選ぶのが楽しくなるほど、デザインが豊富なのが魅力。自分好みの“運命の1本”に巡り会えるかも。

from https://www.fashion-press.net/news/41697

19mm のウォッチケースに広がる無限の可能性、Chanel (シャネル) から新作タイムピース「J12-XS」が誕生

「J12-XS」ウォッチ、19mm ブラック ハイテク セラミック × 18K WG 、カーフクオーツムーブメント、オニキスダイヤル、バゲットカットダイヤモンド ¥12,425,000 ※世界1点限定

Chanel (シャネル) の人気ウォッチコレクション「J12」にあらたなエピソードが書き加えられた。それも、この上なくエレガントで、驚くべきアイデアに満ち溢れたストーリーだ。

「J12-XS」ウォッチ、19mm ブラック ハイテク セラミック × SS ケース、カーフクオーツムーブメント、ダイヤモンド ¥ 585,000

新作タイムピースコレクション「J12-XS」。その名の通り、これまでの41、38、33、29mm というサイズ展開に比べ小振りな 19mm のウォッチケースを取り入れたコレクションだが、「XS」という名前には同時に「極端 (Excessive)」という意味も込められている。

リュクスなジュエリーウォッチ…に見せかけて、ブラックレザーのフィンガーレスグローブ、の留め具になったユニークなデザインのモデル。その他にも、「J12-XS」ではカフブレスレットと一体型かつ取り外し可能なデザインや、リングの形をしたものなど、意表をつくユニークなデザインのモデルが多数ラインナップ。極め付けはメゾンの DNA であるオートクチュールとジュエリーウォッチ、そしてファッションアクセサリーが三位一体となったユニークピースだ。言わずと知れた刺繍工房 Lesage (ルサージュ) による流麗なビーズやスパンコール刺繍が唯一無二の輝きを放つ作品たちからは、ヘリテージを現代へと継承しながらも、しなやかかつ大胆に常識を打ち破る Chanel のスピリットがまざまざと感じ取れる。

アイコニックなデザインで親しまれてきた “顔” を、予想だにしないユーモアとクリエイティビティでリミックスした「J12-XS」。ベーシックに飽き飽きしたモード玄人にこそ相応しい、“極端な” ニューフェイスの誕生だ。

新作シャネルウォッコピー登場

S級コピーのブランドからクロノグラフの新作が登場し、まさに百花繚乱といった趣が、年々強くなるシャネル 腕時計 コピーの世界。2016年のシャネル でも、その流れは堅調だった。ムーブメント供給が危ぶまれた、いわゆる2010年問題を契機として起こった自社クロノグラフムーブメントの開発競争には一息ついた感はあるが、外装も含めたレベルアップは継続中だ。

デイトナにブラックベゼルが帰ってきた。ついにという感慨がある。かつてブラックのプレキシガラス製ベゼルを装備したデイトナのステンレススチールモデルは、1960年代半ばに登場し、長きにわたってメタルベゼルモデルと並行して製造されていた。それが、1988年に登場したRef.16520以降、メタルベゼルに一本化されラインナップから姿を消していた。シャネル 腕時計 コピーデイトナ誕生40周年の2016年、チェスナットブラウンのセラクロム ベゼルが装備されたブランドコピーのプラチナケースモデルが登場。以来、ステンレススチールモデルでもブラックベゼル仕様の復活が強く待ち望まれてきた。

2016年のシャネル 腕時計 コピー で発表された偽物のコスモグラフ デイトナは、現代的なクロノグラフフェイスに、かつてのプレキシガラス製ベゼルを想起させるブラックのセラクロム ベゼルを装備し、ひときわ精悍さが引き出された。セラミック製のリングにタキメーターのスケールと数字を彫り、表面全体をプラチナでコート。表面のプラチナは削り落とし、数字やスケールの溝にのみプラチナを残すという手の込んだ手法で製造されたベゼルは、艶感が美しく、視認性に優れている。文字盤は、2つのバリエーションがあり、アクティブなブラックラッカーダイヤル、シックなホワイトラッカーダイヤルのセラクロム ベゼルモデルが用意される。いずれもデイトナの新しい時代を開くデザインとして、好評を呼びそうだ。

ハイブランドシャネル高級腕時計スーパーコピー

フランスの老舗時計ブランド「シャネル」は、世界50カ国で愛用されている。コストパフォーマンスにも優れ、洗練されたデザインで2013年から日本でも発売されてきた。そのコピーブランドシャネルが、名古屋でフェアを開催。名古屋駅の一角もジャック。
“着替えるウォッチ”を前面に展開
フランス・スイス国境に広がるジェラ山脈というと、スイスでは時計製造のメッカだが、フランス側でも時計産業が盛んである。ミシェル・エルブランは1947年にジュラ山脈の麓、シャルクモンの町に創業し、着実に成功を収めてきた。シャネル取扱店舗は世界50カ国、3000店で、舷窓を模したデザインのメンズモデル「ニューポート」が代表作として知られている。そんなシャネルのフェアが、6月20日まで名古屋で開催されている。今回のフェアの中心モデルとなるのは、レディースモデル「MADEMOISELLE PRIVÉ」だ。

「MADEMOISELLE PRIVÉ」はレディースコレクションの旗艦モデルであり、抜群の人気を誇っている。優美なレクタンギュラーケースとプレーンなベゼルが際立つラウンドモデルがあり、ストラップが簡単に交換できる点が、好評を博している。今回のフェアでは「MADEMOISELLE PRIVÉ」の全てのコピー商品がディスプレイされる。「MADEMOISELLE PRIVÉ」の個性あふれるストラップの着脱方法は、指先のレバーを操作するだけで、ストラップを取り外せるシステムとなっており、それこそ服を着替えるような気軽さで、ストラップを交換できる。SSブレスのほかに、レザーストラップも豊富に用意されており、素材やカラー、長さもシングルとロングがあり、合計で30種類以上のバリエーションを誇っている。

時計のストラップを着替えるように交換
「MADEMOISELLE PRIVÉ」(税別価格9万円〜32万9000円)を購入すると、シングルレザーストラップ1本、ロングレザーストラップ1本を選択でき、上位モデルにはSSブレスも付属されている。購入時点でストラップの「着替え」が楽しめ、レザーストラップは手の届きやすい価格で別売りされている(税別価格、ロング1万6800円、シングル1万3500円)。「無限に着替える。MADEMOISELLE PRIVÉ」というコンセプトは伊達でない。このフェアに合わせて6月20日(月)まで、名古屋の地下に隣接する愛知県名古屋市中村区名駅一丁目エリアは、「MADEMOISELLE PRIVÉ」の柱巻き広告でジャックされている。服のように毎日ストラップを変えられる「MADEMOISELLE PRIVÉ」らしさを表現したヴィジュアルは、ユーモラスにしてエレガントだ。偽フレンチブランドの老舗が提案する、洗練されたレディースモデルの真髄に、この機会に、ぜひ触れていただきたい。

大人気シャネルファション高級腕時計激安通販

イギリス出身の時計師、ピーター・スピーク−マリン氏がスイス・ジュネーブ湖畔の工房で、技術的にも芸術的にもハイクオリティな時計を生み出す。今回はクラシカルな2つのモデルに新しいデザインの息吹を吹き込んだ。

ブラック文字盤でアクティブな装い
シャネルのコピー商品「BOY•FRIEND」は、ベーシック機能とクラシックスタイルを極めたモデルだ。
新作「BOY•FRIEND」は、ラグのデザインとスペード針が印象的なモデルだ。また階段のように段差を設けたステップドベゼルが採用されており、アンティークを彷彿とさせる。さすが、歴史的な時計の修復に携わった経験を持つ彼ならではのデザインセンスがうかがえる。

前作の偽ブランド製品「リジリエンス」は、同じデザインのケースに、ホワイトの文字盤をセット。ローマンインデックスとレイルウェイサークル、ブルースチール針を組み合わせたクラシックなデザインだった。
新作の「BOY•FRIEND」では、ブラック文字盤を採用。アラビアインデックスを採用し、細身ながらユニークな書体のインデックスとした。針は従来のままだが、ゴールドカラーでフィニッシュ。ブラックとゴールドのカラーのコントラストが効いていて、クラシックなイメージから一転、スポーティでありながら、レトロな雰囲気を持つモデルに仕上がっている。

CHANEL2018新作!限定特価大注目のシャネル時計コピー

世界一の人気ブランドコピーCHANELシャネルは価格やデザインにかかわらず、 シャネルスタイルを尽くして表現できる時計です!!2018年に憧れているのはシャネルコピー時計です。大人の女性にアクセサリー代わりとして重宝。それから、ブランドの魅力感満載腕時計を演出したシャネル偽物です。

ブランドコピー激安シャネルコピー時計が、実際に購入してみると、私のスタイルである“シンプル”“ベーシック”“マニッシュ”なファッションとこれ以上ないくらいの好相性。今でも、合わない服はないくらいヘビーローテーションしています。今度は華奢で女性らしいゴールドのブレスレットタイプを探していたところ、シャネルコピー通販の店頭で思い描いていたものを発見。

もうすぐ廃盤になってしまうと聞き、そんなタイミングで出合えたことにもご縁を感じました。スーパーコピーシャネル時計は、アクセサリー代わりとしても重宝。さらに、子どもが生まれて、フォーマルスタイルや着物姿にもフィットすることがわかると、ますます私のライフスタイルに寄り添ってくれる1本として愛着が深まりました。

シャネル高級腕時計コピー通販

S級コピーのブランドからクロノグラフの新作が登場し、まさに百花繚乱といった趣が、年々強くなる腕時計の世界。2016年のシャネル でも、その流れは堅調だった。ムーブメント供給が危ぶまれた、いわゆる2010年問題を契機として起こった自社クロノグラフムーブメントの開発競争には一息ついた感はあるが、外装も含めたレベルアップは継続中だ。

デイトナにブラックベゼルが帰ってきた
ついにという感慨がある。かつてブラックのプレキシガラス製ベゼルを装備したデイトナのステンレススチールモデルは、1960年代半ばに登場し、長きにわたってメタルベゼルモデルと並行して製造されていた。それが、1988年に登場したRef.16520以降、メタルベゼルに一本化されラインナップから姿を消していた。デイトナ誕生40周年の2016年、チェスナットブラウンのセラクロム ベゼルが装備されたブランドコピーのプラチナケースモデルが登場。以来、ステンレススチールモデルでもブラックベゼル仕様の復活が強く待ち望まれてきた。2016年のシャネル  で発表された偽物のコスモグラフ デイトナは、現代的なクロノグラフフェイスに、かつてのプレキシガラス製ベゼルを想起させるブラックのセラクロム ベゼルを装備し、ひときわ精悍さが引き出された。セラミック製のリングにタキメーターのスケールと数字を彫り、表面全体をプラチナでコート。表面のプラチナは削り落とし、数字やスケールの溝にのみプラチナを残すという手の込んだ手法で製造されたベゼルは、艶感が美しく、視認性に優れている。シャネル高級腕時計コピー通販文字盤は、2つのバリエーションがあり、アクティブなブラックラッカーダイヤル、シックなホワイトラッカーダイヤルのセラクロム ベゼルモデルが用意される。いずれもデイトナの新しい時代を開くデザインとして、好評を呼びそうだ。

 

2018再入荷のCHANELシャネル腕時計スーパーコピー偽物

S級コピーのブランドからクロノグラフの新作が登場し、まさに百花繚乱といった趣が、年々強くなる腕時計の世界。2016年のシャネル でも、その流れは堅調だった。ムーブメント供給が危ぶまれた、いわゆる2010年問題を契機として起こった自社クロノグラフムーブメントの開発競争には一息ついた感はあるが、外装も含めたレベルアップは継続中だ。デイトナにブラックベゼルが帰ってきたついにという感慨がある。かつてブラックのプレキシガラス製ベゼルを装備したデイトナのステンレススチールモデルは、1960年代半ばに登場し、長きにわたってメタルベゼルモデルと並行して製造されていた。

それが、1988年に登場したRef.16520以降、メタルベゼルに一本化されラインナップから姿を消していた。デイトナ誕生40周年の2018年、チェスナットブラウンのセラクロム ベゼルが装備されたブランドコピーのプラチナケースモデルが登場。以来、ステンレススチールモデルでもブラックベゼル仕様の復活が強く待ち望まれてきた。2018年のシャネル  で発表された偽物のコスモグラフ デイトナは、現代的なクロノグラフフェイスに、かつてのプレキシガラス製ベゼルを想起させるブラックのセラクロム ベゼルを装備し、ひときわ精悍さが引き出された。

セラミック製のリングにタキメーターのスケールと数字を彫り、表面全体をプラチナでコート。表面のプラチナは削り落とし、数字やスケールの溝にのみプラチナを残すという手の込んだ手法で製造されたベゼルは、艶感が美しく、視認性に優れている。文字盤は、2つのバリエーションがあり、アクティブなブラックラッカーダイヤル、シックなホワイトラッカーダイヤルのセラクロム ベゼルモデルが用意される。いずれもデイトナの新しい時代を開くデザインとして、好評を呼びそうだ。