G-SHOCK&BABY-G「七福神」をイメージした腕時計、鯛をあしらった恵比寿神モデルなど

G-SHOCK(ジーショック)とBABY-G(ベイビージー)は、「七福神SHICHI-FUKU-JIN」シリーズ、計7型の腕時計を2018年10月から2019年3月にかけて、6ヶ月連続で発売する。

 
恵比寿神(2018年10月発売、15,500円+税)、弁財天(11月発売、14,000円+税)
※弁財天はBABY-G。

「七福神SHICHI-FUKU-JIN」シリーズは、代表的なG-SHOCKのデジタルモデルをベースに、七福神それぞれの神をイメージしたデザインやカラーリングを施した、スペシャル仕様のウォッチ。パッケージや、バック刻印の意匠などにも、神を表現したモチーフが取り入れられている。

「恵比寿神」を表現したモデルは、本体を赤にカラーリングし、ゴールドの“G”ロゴや模様がアクセントに。ベルトにはうろこ状の模様を描き、ベルトループには、象徴的な鯛のイラストがプリントされている。今にも幸運を呼び込んでくれそうな、おめでたいデザインとなっている。

また、ELバックライトを点灯すると、ウォッチのそれぞれのアルファベットが浮かび上がり、「七福神SHICHI-FUKU-JIN」全てのモデルを集めると「G-SHOCK」の文字が完成。各モデルのアートワークは、元プロスケートボーダーで現代芸術家の野坂稔和が手掛けている。

from

https://www.fashion-press.net/news/43628

マルジェラ×G-SHOCKのコラボウォッチ – 初の腕時計は世界3000個の限定発売

メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)がG-SHOCK(ジーショック)の30周年を記念して、コラボウォッチを世界で限定3,000個発売する。メゾン初の腕時計「GA-300」の発売日は、2013年3月30日(土)。「3」という数字へのこだわりは、30周年を迎えるG-SHOCKへの敬意から。

マットシャイニーなフェイスとブレスレットは、性別を選ばないユニセックスなデザイン。シルバーのレザーリストバンドは、取り外し可能になっている。メゾン マルタン マルジェラの’0 から23’のナンバリングが、文字盤の裏、バックル、レザーブレスレットの裏にそれぞれ刻印。耐衝撃構造や20気圧防水、ワールドタイム機能やスーパーイルミネーターも搭載されるなど、機能性の高さはG-SHOCKの折り紙つきだ。

from https://www.fashion-press.net/news/6438

G-SHOCKから”マグマの海”を表現したウオッチ – ブラックベースにレッド×ゴールドの配色

G-SHOCK(ジーショック)から、ブランド誕生35周年を記念した新作ウオッチ「MAGMA OCEAN」が2018年11月16日(金)より発売する。

「MAGMA OCEAN」は、漆黒の大地から煌々と湧き出す”マグマの海”を表現したウオッチ。G-SHOCKを象徴するブラックをベースカラーに、イエローゴールドやレッドをディテールに配し、クールかつ華やかなデザインに仕上げた。G-SHOCKならではの無骨でタフなデザインと、マグマの世界観がマッチした1点だ。

ベースモデルは、メタルと樹脂を融合させたシンプルなラウンド型の「MTG-B1000」、サバイバルタフネスを追求した「レンジマン(RANGEMAN) GPR-B1000」、そしてブランド唯一のダイバーズウオッチであるアイコニックな「フロッグマン(FROGMAN) GWF-1000」の3タイプで展開する。3種類とも裏蓋には35周年記念ロゴを刻印した。

from https://www.fashion-press.net/news/42762