Cartier (カルティエ) から SIHH 2016 最新モデル、「ドライブ ドゥ カルティエ」が誕生

John Balsom © Cartier

Cartier (カルティエ) から最新メンズウォッチ「ドライブ ドゥ カルティエ」が発表された。世界最大の時計、宝飾品の見本市のひとつ、SIHH (Salon International de la Haute Horlogerie Genève、通称ジュネーブサロン) にて本年度発表された「ドライブ ドゥ カルティエ」。イメージするのは、本能のままに人生を楽しみ、自立心が強く、エレガントな「自由気ままに自身の人生をドライブする」男性だ。

ラウンドスクエアフォルムのケースがクラシカルな「ドライブ ドゥ カルティエ」のバリエーションは、ピンクゴールドとスティールの2種類。ブラック、グレー、そしてホワイトで展開されるギョシェ彫りのダイヤルには、ローマ数字と剣型針が配されており、クラシックな中に洗練されたモダニティを感じ取ることが出来る。

裏を返すと姿を表すシースルーケースバック、そこに顔を覗かせるのは、Cartier のマニュファクチュールで一貫製造されたムーブメントたちだ。2010年につくられたキャリバー1904 MC2014年に製造されたキャリバー 1904-FU MC、そしてオートオルロジュリーモデルに搭載されたメカニカル ムーブメント9452 MC。中でも「ドライブ ドゥ カルティエ フライング トゥールビヨン ウォッチ」に搭載されたメカニカル ムーブメント9452 MCは、最高級の機械式時計の証である「Poinçon de Genève (ジュネーヴシール)」のお墨付き。確固たるスタイルを持ち、本能で生き、自立心が強く、そしてエレガント。現代社会を巧みにドリフトする男性に Cartier が送る、メンズウォッチの決定版の誕生だ。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/59521

新作シャネルウォッコピー登場

S級コピーのブランドからクロノグラフの新作が登場し、まさに百花繚乱といった趣が、年々強くなるシャネル 腕時計 コピーの世界。2016年のシャネル でも、その流れは堅調だった。ムーブメント供給が危ぶまれた、いわゆる2010年問題を契機として起こった自社クロノグラフムーブメントの開発競争には一息ついた感はあるが、外装も含めたレベルアップは継続中だ。

デイトナにブラックベゼルが帰ってきた。ついにという感慨がある。かつてブラックのプレキシガラス製ベゼルを装備したデイトナのステンレススチールモデルは、1960年代半ばに登場し、長きにわたってメタルベゼルモデルと並行して製造されていた。それが、1988年に登場したRef.16520以降、メタルベゼルに一本化されラインナップから姿を消していた。シャネル 腕時計 コピーデイトナ誕生40周年の2016年、チェスナットブラウンのセラクロム ベゼルが装備されたブランドコピーのプラチナケースモデルが登場。以来、ステンレススチールモデルでもブラックベゼル仕様の復活が強く待ち望まれてきた。

2016年のシャネル 腕時計 コピー で発表された偽物のコスモグラフ デイトナは、現代的なクロノグラフフェイスに、かつてのプレキシガラス製ベゼルを想起させるブラックのセラクロム ベゼルを装備し、ひときわ精悍さが引き出された。セラミック製のリングにタキメーターのスケールと数字を彫り、表面全体をプラチナでコート。表面のプラチナは削り落とし、数字やスケールの溝にのみプラチナを残すという手の込んだ手法で製造されたベゼルは、艶感が美しく、視認性に優れている。文字盤は、2つのバリエーションがあり、アクティブなブラックラッカーダイヤル、シックなホワイトラッカーダイヤルのセラクロム ベゼルモデルが用意される。いずれもデイトナの新しい時代を開くデザインとして、好評を呼びそうだ。