グランドセイコーの新腕時計「エレガンスコレクション」“漆芸と高蒔絵”採用した限定モデルも登場

セイコーウオッチ(SEIKO)は、グランドセイコー「エレガンスコレクション」より、新作ウオッチの数量限定モデル、レギュラーモデルを発売。2019年3月8日(金)より、グランドセイコーブティック 銀座、セイコープレミアムブティック、セイコープレミアムウオッチサロンなどで順次展開される。

性能、デザインともに洗練された「エレガンスコレクション」

「SBGK006」レギュラーモデル 2,100,000円+税
「SBGK006」レギュラーモデル 2,100,000円+税

「エレガンスコレクション」では、グランドセイコー初の小秒針とパワーリザーブ表示を備えた、新キャリバー「9S63」を搭載している。同キャリバーは、約72時間のロングパワーリザーブを発揮する、グランドセイコーの手巻機械式ムーブメントとしては8年ぶりに開発されたものだ。

レギュラーモデルでは、メリハリがありながらも滑らかな曲線で構成される18K イエローゴールドのケースと、ドーム型に盛り上がった文字板、文字板に沿うようにカーブを描く針が、腕時計のデザインに一体感を与えている。ダークブラウンのクロコダイルストラップを合わせ、洗練された上質感のあるデザインに仕上げた。

伝統工芸を採用した数量限定モデルも登場

18K ピンクゴールドの2モデル「SBGK002」と「SBGK004」の文字板には、耐久性・耐光性に優れた希少な純国産の漆を使用して、ブランド初となる日本伝統工芸“漆芸”を施した。

「SBGK002」 3,200,000円+税 (限定150本)
「SBGK002」 3,200,000円+税 (限定150本)

「SBGK002」では、“透漆(すきうるし)”という技法によって、漆の産地・岩手山の山肌を彷彿とさせるパターンが透けて見える。一方、「SBGK004」の文字盤には、奥行きと深い艶のある黒漆を全面に塗り、高級感を演出している。

また、それぞれ“GS”のブランドロゴ、インデックスには、漆と金粉で立体的に仕上げる「高蒔絵」を採用。これらの、日本の精緻な伝統技術を凝縮したウオッチは、それぞれ世界限定150本のプレミアムなアイテムだ。

「SBGK005」 750,000円+税(限定1500本)
「SBGK005」 750,000円+税(限定1500本)

また、1,500本限定の「SBGK005」の文字板にも、気品あるグランドセイコーブルーに岩手山パターンを配した。裏ぶたのサファイアガラスには、青色の獅子の紋章をあしらっている。また、本モデルの特別仕様として、裏から見えるムーブメントにはブルースチールのねじを採用し、時計の両面で青色の世界を楽しむことが出来る。

from

https://www.fashion-press.net/news/46846

キャリバー9S誕生20周年を記念するメカニカルGMTモデル

新色グランドセイコーブルーで、ブランドの世界観を表現

グランドセイコーは、1960年の誕生以来、実用時計の最高峰を目指し、正確さ、見やすさ、美しさといった腕時計の本質を追求し続け、たゆまぬ進化を重ねてきたブランドである。世界でも数少ない真のマニュファクチュールによる最高品質、洗練されたデザインで、高い評価を得てきた。

キャリバー9S誕生20周年を記念して登場するこのモデルは、新色グランドセイコーブルーのセラミックスパーツに合わせて同色のダイアルを採用。バーインデックスとGMT針までもブルーで統一され、ブランドの世界観をより強調させた仕上がりとなった。

ブレスレットは、キズが付きにくいセラミックスと軽量なブライトチタンとのコンビにより、快適な装着感を実現。インナーケースをブライトチタンにすることで、優れた防水性能を確保している。

さらにダイアルには「GS」「9S」の文字を幾何学模様のように放射状に型打ちして、アニバーサリーモデルにふさわしい特別感を生み出している。

搭載ムーブメントは、平均日差において+4秒~‒2秒まで追い込んだ「グランドセイコースペシャル規格検定」に合格した特別精度のキャリバー9S86である。その証として、ダイアル6時位置の「SPECIAL」表記とともに、サファイアガラスの裏蓋から臨むブルーのチタン製回転錘には18KPGの獅子の紋章をあしらっている。

2_GRAND_SEIKO_OPENERS
転載サイト:http://openers.jp/article/1625724