世界に一本だけ、RICHARD MILLE (リシャール・ミル) が熊本復興支援のチャリティオークションを開催

スイスの高級機械式時計メーカー、RICHARD MILLE (リシャール・ミルが熊本復興支援を目的としたチャリティオークションを開催する。2001年、時計製造で高名な La Chaux-de-Fonds (ラ・ショー・ド・フォン Le Locle (ル・ロックルの中間の小さな村 Les Breuleux (レ・ブルルーにて創業した RICHARD MILLE。「腕時計のF1」のコンセプトのもと、トゥールビヨンなど複雑機構に果敢に挑戦し、革新的な技術とデザインで時計業界に一石を投じてきた同メゾンは、また同時に顧客をはじめクリエイションに携わる全ての人たちを「ファミリー」として関わっていることでも知られている。

カスタマーに対するアフターケアはもちろんのこと、時計作りの携わる職人たち、そしてメゾンの顔として活躍するアスリートたち、そして RICHARD MILLE を愛する各国のマーケット。その思いを反映した今回のチャリティオークションでは、ポリッシュ仕上げを施した 18K ホワイトゴールド製のアイコニックなトノー型のケースに約55時間のパワーリザーブを備えた自動巻きムーブメントが搭載された世界限定1本のユニークピースが出展。売り上げは全額熊本城災害復旧支援金として寄付される。

© RICHARD MILLE
転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/72391

オメガ腕時計「レイルマスター」を復刻、新たなムーブメントでより高い精度にアップデート

オメガ(OMEGA)は、1957年のモデルを復刻した腕時計「レイルマスター」を発売。

「レイルマスター」は、1957年当時は鉄道員など電界の近くで働く人々に向けて作られた、当時より高い耐磁性と精度を誇っていたモデル。今回発売されるモデルは、オリジナルのシンプルで優雅なデザインはそのままに、新たな機械式ムーブメント「コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8806」を搭載することで、性能をアップデート。現代最高水準の耐磁性によって、より高い精度で正確な時刻をキープする。

また、文字盤も一新。ブラッシュ仕上げを施し、埋め込み型インデックスには夜光塗料のヴィンテージ スーパールミノヴァを使用。さらに、線路を思わせるミニッツトラックや、オメガの精度を象徴する“十字”、ナイアードロックで固定されたシーホースのメダリオンが刻印されたケースバックなど、ディテールにもこだわりが光る。

 

グレーダイアルのタイプは一体化型ステンレススティール製ブレスレットか、ブラウンのレザーNATOストラップ、ブラックダイアルのモデルは、ステンレススティール製ブレスレットもしくは、ブラックのテキスタイルストラップから選択可能だ。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/38299

アナログな外見にハイテクな機能、Emporio Armani (エンポリオ アルマーニ) から初の “ハイブリッド スマートウォッチ” がローンチ

Emporio Armani (エンポリオ アルマーニ) から初となるスマートウォッチがデビューする。115日より国内でローンチするエンポリオ アルマーニ コネクテッドから「ハイブリッド スマートウォッチ」が5種類発売になった。昨今ますます勢いを見せるウェアラブルデバイスの中でも、今回 Emporio Armani が打ち出したのは、クラシックなスタイルにテクノロジーを融合させたハイブリッド スマートウォッチ。既存のタイムピースコレクション同様、ステンレス・スティールやローズ・ゴールド、ガンメタルで仕上げられたスリークなラウンドフェイスは、BLUETOOTH® 経由でスマートフォンと連動することで「セカンド・タイム・ゾーン」表示の時計や電話やメッセージの通知、ポータブルオーディオ、アラーム、紛失したデバイスの捜索アプリ、そしてワイヤレスでコントロール出来るスマートフォンのシャッターなど様々な機能へと変身を遂げる。

「今日、テクノロジーは私たちの日常に圧倒的な影響を与えています。あらゆるアプリが存在し、多くの場合、それらは実際に私たちの生活を向上させる発明となっています。ハイブリッド スマートウオッチを世に送り出すという事は、Emporio Armani が常に、技術革新の第一線にいるブランドとして存在していることを示すものです。この時計はスタイルの追求、高度な技術コンテンツ、即時性、使い易さを兼ね備えています」と語るのは Giorgio Armani (ジョルジオ・アルマーニ) 氏。スマートウォッチは気になるけど、あの色気の無いデザインには抵抗がというワガママな人にこそオススメしたい、ファッションコンシャスなウェアラブルガジェットの誕生だ。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/business/business-tech/8532

OMEGA (オメガ) が挑む世界最高峰の精度、新たな品質基準マスター クロノメーターを搭載したモデルが登場

世界に数ある時計メーカーの中でも、OMEGA (オメガ) ほどムーブメントにおける革新性を体現するブランドはそう無い。そのスピリットを表すのが、1999年に技術士の George Daniels。世界に数ある時計メーカーの中でも、OMEGA (オメガ) ほどムーブメントにおける革新性を体現するブランドはそう無い。そのスピリットを表すのが、1999年に技術士の George Daniels (ジョージ・ダニエルズ) によって開発された複雑機構「コーアクシャル・エスケープメント」であり、その後2000年代に発表された「シリコン製ヒゲゼンマイ」だ。

1952年に発表された「コンステレーション」初期モデル | © OMEGA

1952年に発表された「コンステレーション」初期モデル | © OMEGA

そして今回、その歴史をまたしても塗り替える新たなエポックメイキングとなる最新の機械式ムーブメントが誕生した。15,000ガウスという強い磁気にも耐え得る耐磁性を実現したこの新機構では、メトロの自動改札やスマートフォン、そしてバッグの金具に至るまで、生活の至るところに取り入れられた磁気を受けてなお影響されない精度を実現している。

その優れた性能を証明するのは、スイス連邦計量・認定局 (Swiss Federal Institute of Metrology、通称 METAS) による時計業界の新たな品質基準、「マスター クロノメーター」。既存のクロノメーターの基準に加え、以下の8つの新基準を満たしたモデルのみに認定される「マスター クロノメーター」は、まさに OMEGA が誇る世界最高峰の開発技術を示している。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/59974

ルイヴィトン腕時計激安コピー

世界一のブランドといってもいい「ルイ・ヴィトン」はトランクを専門に店として誕生しました。大人気ルイヴィトン「エスカル オトマティックタイムゾーン」ルイヴィトン 時計 コピーです。当時、馬車旅行だった為トランクの蓋が丸みを帯びた形をしていました。

時代の先を見ることにたけていたルイ・ヴィトンは、交通機関の発達に注目し、これからは船や機関車での移動が増えると読みそれまでの「蓋の丸いトランク」から、室内で積み上げることができる「平らなトランク」を考え出したのです。当時の一般的なトランクに比べ、ルイヴィトン腕時計のトランクは軽くて丈夫。さらには、トレーや仕切りまで設置され、使いやすさをとことん追求したものだったのです。こうして「ルイ・ヴィトンのトランク」が誕生すると、当時のセレブたちの間で一躍評判になったのです。

今やバック、財布、アクセサリー、腕時計とアイテムの幅を広げ、モード界におけるトップの座を不動のものにした超有名ブランドです。時計製造アトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」で開発された、24ヶ国のタイムゾーンを表示する機能を搭載しています。非常に薄くエレガントなケースと貴重なムーブメントを使用した逸品です。ルイヴィトン「エスカル オトマティックタイムゾーン」ルイヴィトンコピー時計は、ルイ・ヴィトン トランクから着想を得たユニークでカラフルなデザインのタイムピース「エスカル タイムゾーン」。大変希少モデルの為、今すぐに確保すべきレアアイテムです。