パリ発腕時計「ラプス」文字盤に80’sのパリメトロ地図などをデザインした新作モデル

パリ発のウォッチブランド「ラプス(LAPS)」から、60〜80年代の様々なカルチャーをモチーフにした新作コレクションが登場。2019年5月17日(金)より、全国の取扱店舗および公式オンラインストアにて発売される。


「クラウン(Clown)」16,800円+税

60年代に音楽界を席巻したドアーズ、ジミ・ヘンドリックス、ザ・ビートルズらにも大きく影響を与え、ヒッピーのサブカルチャーにも欠かせないサイケデリックなアートに着想を得たのが、「スピーディ(Speedy)」「クラウン(Clown)」「バズ(Buzz)」の3モデル。

「オデオン(Odeon)」16,800円+税

また、80年代にフランス・パリで使用された地下鉄の地図のグラフィックを採用したメトロマップシリーズは、全5モデルがラインナップ。パリの中心部「シャトレ(Chatelet)」、コスモポリタンな街「バルベス(Barbes)」など、モデル名となった駅を文字盤の中心に描いたレトロなデザインとなっている。


「ホロ(Holo)」19,800円+税

そのほか、ブランド初となるホログラムを文字盤に採用した「ホロ(Holo)」、ヨーロッパ中で見かけるケバブ屋のファザードをネオンで表現した「パリスタンブール(Paristanbul))」など、豊富なバリエーションのモデルが用意されている。

from https://www.fashion-press.net/news/49805

パリ発のウォッチブランド「ラプス」から“まるでアート”な腕時計、レザー素材や絵画をダイアルに

フランス・パリ発のウォッチブランド「ラプス(LAPS)」の新作が、2019年3月15日(金)より全国の取り扱い店舗およびオンラインストアにて販売される。

 

「ラプス」の時計は、ダイアルに独創的な素材とグラフィックを採用したアーティスティックなデザインが魅力。パリの職人の手によって仕上げられる、まるで“アート”のような1本は、手元に着けていても存在感抜群だ。

 

新作では、ウッドやレザーをダイアルに使用するマテリアルシリーズと、世界の歴史的遺産やアーティストが描くアートを用いたシグネチャーシリーズの2種類をベースに展開する。また、ストラップは、付替え可能な編み込みバンドと追加されたレザーバンドの計11種が登場し、自分好みの組み合わせを楽しむことができる。

 
左) 16,800円+税 右) 24,800円+税

ウッド素材のダイアルは、天然素材がゆえ、時計ひとつひとつが異なる木目の表情を見せる。一方で、アートピースをはめ込んだデザインは、ケースが額縁の代わりとなり、それぞれのアートを引き立ててくれる。

「ラプス」の時計はすべて限定数の生産で、1つ1つにシリアルナンバーが与えられている。手に取った瞬間、きっとどの時計よりも自分の特別な1本になってくれるはずだ。

from https://www.fashion-press.net/news/48044