オメガの新レディス時計「トレゾア レディス コレクション」曲線を描くダイヤモンド&花モチーフのデザイン

オメガ(OMEGA)から新レディスウォッチ「トレゾア レディス コレクション」が登場。

“宝物”と名付けられた「トレゾア レディス コレクション」のウォッチは、クラシックな薄型ケースとエレガンスを感じさせるデザインが特徴だ。

スリムなラウンドケースの両サイドには、美しい曲線を描くようにダイヤモンドがセットされており、エレガントな輝きを放つ。またリュウズには、赤いフラワーモチーフをアクセントとしてあしらった。フラワーはオメガのロゴを5つ組み合わせてデザインされており、中心には1粒のダイヤモンドが煌めいている。

ケースバックはミラー仕様となっており、こちらにも優雅に咲き誇る花の模様が描かれている。“それぞれの女性に備わっている素晴らしい本質とナチュラルな美しさを写し出し、それを花開かせてほしい”というメッセージが込められているそうだ。そしてクラシカルなケースと針に対し、スレンダーなローマ数字やストラップなどを取り入れることで、モダンな魅力を加えた。

コレクションからは、全9モデルが揃う。ケースは36mmと39mmのステンレス スティールまたは18Kセドナゴールドを、そしてストラップはファブリックもしくはレザーが用意されている。ダイアルのカラーも豊富だ。ブラック、トープブラウン、ホワイト、ブルー、オパリンシルバー、マザーオブ パールから選ぶことができる。

なおビジュアルには、シンディ・クロフォードの娘である新人モデルのカイア・ガーバーが起用された。伝説的フォトグラファーのピーター・リンドバーグにより、彼女が体現する女性の知性・強さ・スタイルといった魅力がモノクロ写真に収められた。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/35690

スイスの高級腕時計ブランド、OMEGA (オメガ) よりニューモデル「デ・ヴィル プレステージ デュードロップ」が発売された。

スイスの高級腕時計ブランド、OMEGA (オメガ) よりニューモデル「デ・ヴィル プレステージ デュードロップ」が発売された。1945年に製作されたオメガミュージアムに所蔵されている貴重なモデルをインスピレーションに、繊細な宝飾品と緻密な時計の製造技術の融合によって他と一線を画すエレガントなタイムピースが実現した。

1945年の18KRGドロップチェーン ブレスレット モデル。

1945年の18KRGドロップチェーン ブレスレット モデル。

OMEGA の中でも最も人気のあるコレクションのひとつである「デ・ヴィル プレステージ」コレクションは、時代を超えたスタイリッシュなデザインと洗練されたクラシックなスタイルが特徴。

今回、ブランドのエレガントなファインジュエリー「デュードロップ」コレクションを組み合わせた本シリーズが、この不朽の名作コレクションに仲間入りした。ジュエリー感覚でつけることができるブレスレットモデルは、18Kレッドゴールドまたは18Kイエローゴールド製のしずく (デュードロップ) 型ビーズが連なり、華やかで優雅な装いに。ダイアルには、魅惑的な金色の蝶のデザインとプレーンなマザーオブパールの2種類が登場。どちらもダイヤモンドが敷き詰められたベゼルが華を添える。オメガのレディスモデルで最も華奢な幅12mmのアリゲーターストラップを採用したレザーストラップモデルは、ホワイト、ブラック、レッド、グレージュの4色で展開。ケースの上下には、1粒ずつデュードロップモチーフのアタッチメントが輝く。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-news-event/49778

19mm のウォッチケースに広がる無限の可能性、Chanel (シャネル) から新作タイムピース「J12-XS」が誕生

「J12-XS」ウォッチ、19mm ブラック ハイテク セラミック × 18K WG 、カーフクオーツムーブメント、オニキスダイヤル、バゲットカットダイヤモンド ¥12,425,000 ※世界1点限定

Chanel (シャネル) の人気ウォッチコレクション「J12」にあらたなエピソードが書き加えられた。それも、この上なくエレガントで、驚くべきアイデアに満ち溢れたストーリーだ。

「J12-XS」ウォッチ、19mm ブラック ハイテク セラミック × SS ケース、カーフクオーツムーブメント、ダイヤモンド ¥ 585,000

新作タイムピースコレクション「J12-XS」。その名の通り、これまでの41、38、33、29mm というサイズ展開に比べ小振りな 19mm のウォッチケースを取り入れたコレクションだが、「XS」という名前には同時に「極端 (Excessive)」という意味も込められている。

リュクスなジュエリーウォッチ…に見せかけて、ブラックレザーのフィンガーレスグローブ、の留め具になったユニークなデザインのモデル。その他にも、「J12-XS」ではカフブレスレットと一体型かつ取り外し可能なデザインや、リングの形をしたものなど、意表をつくユニークなデザインのモデルが多数ラインナップ。極め付けはメゾンの DNA であるオートクチュールとジュエリーウォッチ、そしてファッションアクセサリーが三位一体となったユニークピースだ。言わずと知れた刺繍工房 Lesage (ルサージュ) による流麗なビーズやスパンコール刺繍が唯一無二の輝きを放つ作品たちからは、ヘリテージを現代へと継承しながらも、しなやかかつ大胆に常識を打ち破る Chanel のスピリットがまざまざと感じ取れる。

アイコニックなデザインで親しまれてきた “顔” を、予想だにしないユーモアとクリエイティビティでリミックスした「J12-XS」。ベーシックに飽き飽きしたモード玄人にこそ相応しい、“極端な” ニューフェイスの誕生だ。